ピエール・ガスリー (AT02-05, Car 10)
フリー走行 3回目 (FP3) – ベストタイム: 1:42.251, 順位 1位, 16周
予選 – ベストタイム: (Q1) 1:42.288 (Q2) 1:41.932, (Q3) 1:41.565, 順位 4位

「今日は本当に素晴らしい1日でした。FP3でトップになれたので、予選がとても楽しみでした。スピードもかなり良かったし自信が付きました。そして今回のコースは、自分とマシンの相性がすごく良かったです。チームの予選でのパフォーマンスにもとても満足しています。結果的に前回と同じように選手を追いかけるような順位ではありますが、最前列との距離が短い4番手は、素晴らしい順位だと思います。チーム全体で本当によく頑張れたし、この結果を誇らしく思っています。1周ごとに、さらにはフリー走行ごとにタイムを縮めることを意識し、毎回自分の限界に挑戦しながら走っているのですが、今回はそれを達成できました。Q3で全力が出せるようきちんと準備し、明日のレースにおいてかなり有利なポジションを獲得できました。ユウキの結果は予測通りではなかったようですが、彼はこれまでも本当に良く頑張っています。フリー走行を通してスピードを上げようとハードに取り組んでいるし、そして今回初めてQ3に見事進出しました。この結果は本当に喜ぶべきものだと思います」

 

角田裕毅 (AT02-06, Car 22)
フリー走行 3回目 (FP3) – ベストタイム: 1:43.244, 順位 8位, 19周
予選 – ベストタイム: (Q1) 1:42.521 (Q2) 1:41.654, (Q3) 1:42.211, 順位 7位

「今日は少し複雑な気持ちでした。週末は順調に進み、今回Q3に初めて進出することができました。なのでレース序盤は上位のポジションでレースをすることができると思います。しかし自分を追い込みすぎて、頑張った分の成果が上手く発揮できなかったです。自分の結果には正直ガッカリしていますし、チームに申し訳ないです。ただ、明日は気持ちを切り替えていきたいです。モナコに比べて断然オーバーテイクがしやすいので、タイヤの戦略次第で良い結果を出すことができると思います」(※原文英語)

 

ジョナサン・エドルズ(チーフレースエンジニア)

「今回のコースは毎年サプライズが起こるコースで、今年も例外ではありません。昨日のパフォーマンスはとても良かったので、マシンへの変更はFP3での高い路面温度を考慮し、少し低い路面温度となる予選へ向けた些細なチューニングとなりました。このマシンへの変更からひとつ改善点が見つかったとともに、マシンが前列の混戦状態の中でも十分戦える性能があることがFP3で確認できました。チームが全力を尽くす事ができれば、予選ではマシンが2台ともQ3に進出できる可能性があると信じていました。予選はとても目まぐるしく、赤旗による打ち切りが続いた激しいセッションでした。それによってプランを変更せざるを得なかったのですが、この事態に、特にQ1ではチームもドライバーも本当に上手く対応してくれました。ユウキがQ2で素晴らしいタイムを出してくれたおかげで、今シーズン初めて両ドライバーがQ3進出となりました。2人とも最高のパフォーマンスを発揮してくれて、ピエールに至っては3番手のマックスのわずか8m後ろである4番手を獲得できました。ユウキは最初のアタックで見事8番手を獲得できましたが、2回目のアタックですこしハードにプッシュしてしまい、結果的にクラッシュしてしまいサスペンションを壊してしまいました。これに関しては経験に左右されるものですし、彼は着実にスピードも上げてきているのでとても良いパフォーマンスだったと思います。今夜、彼のマシンを調整するとともに、レースに向けてドライバー2人への準備も進めていきます。どちらともポイント獲得圏内を目指すことができると思っています」

SESSION RESULTS - FULL CLASSIFICATION

POSDRIVERTEAMTIME
1Charles LeclercFerrari1:41.218
2Lewis HamiltonMercedes1:41.450
3Max VerstappenRed Bull Racing Honda1:41.563
4Pierre GaslyAlphaTauri Honda1:41.565
5Carlos SainzFerrari1:41.576
6Lando NorrisMcLaren Mercedes1:41.747
7Sergio PerezRed Bull Racing Honda1:41.917
8Yuki TsunodaAlphaTauri Honda1:42.211
9Fernando AlonsoAlpine Renault1:42.327
10Valtteri BottasMercedes1:42.659
Q2
11Sebastian VettelAston Martin Mercedes1:42.224
12Esteban OconAlpine Renault1:42.273
13Daniel RicciardoMcLaren Mercedes1:42.558
14Kimi RäikkönenAlfa Romeo Racing Ferrari1:42.587
15George RussellWilliams Mercedes1:42.758
Q3
16Nicholas LatifiWilliams Mercedes1:43.128
17Mick SchumacherHaas Ferrari1:44.158
18Nikita MazepinHaas Ferrari1:44.238
19Lance StrollAston Martin MercedesNo Time
20Antonio GiovinazziAlfa Romeo Racing FerrariNo Time

 

◆Information

▶︎マシンについて詳しく知りたい方はこちらから

▶︎チームについて詳しく知りたい方はこちらから

▶︎その他の情報&ニュースはこちらから