ピエール・ガスリー:

「アゼルバイジャンGPの表彰台フィニッシュは相応しい結果だったと思う。僕たちはレースウィークエンドを通じて素晴らしかった。フリープラクティスはすべてが上手くいっていて、マシンのフィーリングも本当に良かったから、ポテンシャルを感じていた。土曜日はマシンを改良したのでFP3で最速タイムをマークできたし、続く予選では初めてポールを狙えるチャンスを得て、トップから1000分の数秒差でフィニッシュできた。決勝は4番グリッドからのスタートだったので、何かしらの結果を出せることは分かっていたけれど、実際はかなり複雑なレース展開になったし、セカンドスティントはパワーを少し下げなければならなかったので、特に難しかった」

「今回の結果は、予選からの優れたチームワークと重要なタイミングでの正しい判断、戦略のおかげだ。ピットストップも良かったと思う。ユウキ(角田裕毅)も土曜からペースを維持できていた。決勝であのペースを維持するのは簡単ではない。チームにとってかなり素晴らしいレースウィークエンドになったね。シーズン序盤は予選が良くても決勝が不安定になってしまうパターンが見られたけれど、ここ2戦はノーミスで素晴らしい仕事ができている。これこそ僕たちが求めていたことだし、結果として3位表彰台を得られたのは本当に嬉しい」

「タイミングも本当に良かった。次のポール・リカール・サーキットは僕のホームレースだからね。フランスのみんなが興奮しているし、残りのシーズンに向けてかなりの熱意と期待が生まれている。ここまで見せてきたパフォーマンスによって、僕たちも自分たちが今後のレースで何を生み出せるか見てみたいという気持ちになっている。フランスGPはこれまでと同じアプローチで取り組むつもりだよ。正直に言えば、ポール・リカール・サーキットでは大きな結果を残せたことがない。F1デビューシーズンのフランスGPではエステバン・オコンと接触してオープニングラップでリタイアしてしまったし、2019シーズンは10位に沈んでしまい、ファンタスティックなレースウィークエンドとは言えなかった。でも、実はバクー市街地コースも今シーズンまでは相性が良くないサーキットだったんだ。だから好調の波に乗って、ポール・リカール・サーキットでもこれまでの流れを変えられることを願っている」

「ポール・リカール・サーキットは、過去2戦とは異なりランオフエリアが多いからかなり特殊だね。その分リスキーではないけれど、複雑でテクニカルだ。なぜなら、このサーキット以外では見られないユニークなコーナーがいくつかあるからさ。最終セクションに位置している、左コーナーが直後に控える右ロングコーナー “ボーセ” は特にユニークだよ。マシンについても、このユニークなレイアウトに最適なセットアップを見出すことが最初の仕事になる」

「レースオーガナイザーの話では、フランスGPは1日平均15,000人が観戦に訪れる予定らしい。ホームレースはファンと一緒に迎えたいと思っていたから嬉しいね。観客と一緒にレースウィークエンドを過ごせることは重要だし、2020シーズンのイタリアGP優勝後初めてGPウィナーとしてホームファンの前を走ることにはとても大きな意味がある。スペシャルなレースになるはずだから、今からもう待ちきれないね。アゼルバイジャンGPの表彰台フィニッシュが注目されたおかげでメディアに追いかけ回されているから、レースウィークエンド前に疲れてしまわないように注意しているところだよ」

 

 

角田裕毅:

「アゼルバイジャンGP前は少し苦しいレースが続いていたので、結果が出せて良かったです。それまでのレースと比較すると、かなり良い準備ができていましたし、FP1から整っていました。アゼルバイジャンGP前にイタリアへ引っ越したので、ファクトリーで多くの時間を過ごしていました。レースウィークエンドへのアプローチを学びながら、マシンが抱えていた問題を見直した結果、アゼルバイジャンGPは少し違うアプローチで臨み、それまでよりもコミュニケーションを取るようにしたのですが、これが上手くいきました。予選ではQ3に初めて進出できましたし、決勝へ向けた新しいベースラインを確立できたと思います。決勝の結果はまずまずですね。リスタート後に順位を落としてしまいましたが、個人的にはかなりハッピーです」

「アゼルバイジャンGP後はイタリアへ戻っています。気候と食事は素晴らしいですし、ファクトリーでエンジニアたちと会話する時間も増えました。イタリア移住は正しい判断だったと思います。シミュレーターセッションのために英国へ移動しなければならなくなりましたが、移住は自分にポジティブな影響を与えています」

「次戦についてですが、ポール・リカール・サーキットはF3時代に2回走った経験があります。ポルトガルGP、モナコGP、アゼルバイジャンGPはどれも初めてでしたので、状況は完全に異なることになりますが、この違いはポジティブに作用するはずです。F1マシンで走るポール・リカール・サーキットは別物になるはずですし、第3セクターがラップタイムのカギを握るでしょう。タイヤのデグラデーションも重要な要素になる可能性があります。かなりフラットなサーキットで、過去2戦とは異なりウォールはありません。ランオフエリアがかなり広く取られているので、限界まで突っ込んでもそこまで注意する必要はありませんね。セットアップも、フランスGPは低速右コーナーがひとつもないので、上手く機能していたアゼルバイジャンGPからは大きく異なるでしょう。あらゆる意味で完全に異なるサーキットですが、楽しみにしていますし、またポイントを持ち帰りたいと思っています」(※原文英語)