ピエール・ガスリー (AT02-05, Car 10)Race: Pos. 7th  

「客観的にみてもいいレースだったと思います。強大なライバルチームのすぐ後ろでフィニッシュできた、という事実に落ち込む必要はないでしょう。もちろん地元のファンの目の前でもっと上位でフィニッシュできればと感じる部分もありますが、今日は難しい状況の中でチームとしてベストを出し切きりました。リカルドとルクレールにアンダーカットを許したため2つ順位を落としてしましたが、それでも彼らといいバトルを演じられたことは嬉しく思います。今日の7位というリザルトはチームにとって力強い結果で、しっかりとポイントを持ち帰ることができたというところが一番大切です」

 

角田裕毅 (AT02-06, Car 22)
Race: Pos. 13th

「最初の一周は本当に良かったですね。ピットスタートから3つ順位をあげることができました。違うタイヤをセレクトしたアルファロメオ勢につまってしまったので、ハードタイヤに変える際にアンダーカットを試みました。そこからタイヤを完璧に使い切るまで、全力でプッシュしなければなりませんでした。走行距離を稼ぎ、F1での経験も重ねることができたことは自分にとって本当にポジティブなことです。今後の課題は、決勝レースをより前の方からスタートできるように予選を改善していくことです」