ピエール・ガスリー (AT02-05, Car 10)
Race: Pos. DNF

「予選で最高のパフォーマンスをして、週末に向けて素晴らしいスタートを切ったのですが、昨日のスプリント予選レースからはすごく残念でした。最初のラップで異変には気付いていたのですが、レース前に修理することは不可能だったのです。正確な原因は分かっていなかったのですが、マシンはリタイアせざるを得ませんでした。我々のホームレースだったので、両マシン共に敗退となったのは非常に悔しいです。マシンのパフォーマンス自体は順調だったので、次のレースに向けてハードに仕事をし、準備していきたいと思います」

 

角田裕毅 (AT02-06, Car 22)
Race: Pos. DNS

「グリッドへ向かうレコノサンスラップの時、マシンに技術的なトラブルが見つかりました。グリッド上で修理しようと試みたのですが間に合わず、ガレージに引き返してレースに間に合うよう修理することになりました。メカニックたちは修理のために素晴らしい仕事をしてくれたのですが、残念ながらスタートすることはできませんでした。このマシンで周回数と経験を積むことができなかったのは悔しいですが、気持ちを切り替えてロシア戦に集中していきたいと思います」(※原文英語)

ジョディ・エギントン (Technical Director)

「残念なことに、両ドライバーが出場できないまま今日のレースは終わってしまいました。ユウキがレコノサンスラップでブレーキングのトラブルを報告してくれたので修理を試みたのですが、解決できずリタイヤとなってしまいました。その後、ピエールのマシンに見つかったシステムトラブルにより、そのマシンもリタイヤせざるを得なかった。金曜日のピエールの素晴らしいパフォーマンスを披露することができず本当に悔しいです。同様に、ユウキは彼にとってかなり重要となるレースの経験を積むことができず、チームも一番の競争相手とのファイトができなくなってしまいました。しかし、パッケージ自体は十分周りと戦えるものであり、チーム全員が次のレースで実力を発揮し、挽回できるよう努めています」

 

Session Result

POSDRIVERTEAMTIME
1Daniel RicciardoMcLaren Mercedes1:21:54.365
2Lando NorrisMcLaren Mercedes+1.747s
3Valtteri BottasMercedes+4.921s
4Charles LeclercFerrari+7.309s
5Sergio PerezRed Bull Racing Honda+8.723s
6Carlos SainzFerrari+10.535s
7Lance StrollAston Martin Mercedes+15.804s
8Fernando AlonsoAlpine Renault+17.201s
9George RussellWilliams Mercedes+19.742s
10Esteban OconAlpine Renault+20.868s
11Nicholas LatifiWilliams Mercedes+23.743s
12Sebastian VettelAston Martin Mercedes+24.621s
13Antonio GiovinazziAlfa Romeo Racing Ferrari+27.216s
14Robert KubicaAlfa Romeo Racing Ferrari+29.769s
15Mick SchumacherHaas Ferrari+51.088s
DNFNikita MazepinHaas Ferrari-
DNFLewis HamiltonMercedes-
DNFMax VerstappenRed Bull Racing Honda-
DNFPierre GaslyAlphaTauri Honda-
DNFYuki TsunodaAlphaTauri Honda-