STR3

STR3

STR3もレッドブル・テクノロジーとのコラボレーションによって生まれたシングルシーターで、F1世界選手権2008シーズンに参戦した。セバスチャン・ベッテルセバスチャン・ブルデーがドライバーを務めた。

STR3の実戦デビューは開幕をとうに過ぎたモナコGPだった。シーズン序盤5戦は前シーズンマシンの改良型STR2Bが使用されていた。レギュレーションは前シーズンからの変更が比較的少なかったため、2007シーズンのマシンを2008シーズン用にアップデートすることが可能だった。

テクノロジー

STR3も前シーズンと同じくバルブ数32・2,398 cc 90° V8のフェラーリ056エンジンを搭載した。コンポジット製モノコックのSTR3はフロント・リア共にプッシュロッド式サスペンションが採用され、ブリヂストン製タイヤを装着していた。

戦績

STR3はスクーデリア・トロ・ロッソの歴史で最も大きな成功を収めたシングルシーターのひとつだった。

実戦デビューのモナコGPでベッテルが5位入賞を記録すると、その後もベッテルによってSTR3のポテンシャルが最大限まで引き出され、カナダGP / ドイツGP / ヨーロッパGP(バレンシア)/ ベルギーGPでポイントを獲得。イタリアGPではセンセーショナルなポールポジションと初優勝を飾った。

STR3の優れたパフォーマンスのおかげでベッテルはシンガポールGP / 日本GP / ブラジルGPでもポイント圏内でフィニッシュし、スクーデリア・トロ・ロッソはコンストラクターズ選手権総合6位で2008シーズンを終えた。

続きを読む 閉じる

STR3 主要諸元

シャシー

コンポジット・モノコック(完全なストレスメンバーとしてフェラーリ056 V8エンジンを搭載)

トランスミッション

縦置き7速ギアボックス(パワーシフトおよびクラッチ制御用にハイプレッシャー油圧システムを搭載)

タイヤ

ブリヂストン

サスペンション

フロント:アルミニウムアロイ製アップライト / アッパー&ロワーカーボンウィッシュボーン / トーションバースプリング / アンチロールバー

リア:アルミニウムアロイ製アップライト / アッパー&ロワーカーボンウィッシュボーン / トーションバースプリング / アンチロールバー

ブレーキ

6ポッド仕様

エンジンスペック

シリンダー数
8
排気量
2398 ㎤
最大回転数
バルブ数
32
バンク角
90°
重量
> 95 Kg