STR6

STR6

STR6はスクーデリア・トロ・ロッソが単独設計・製作した2台目のマシンだ。F1世界選手権2011シーズンに向け、STR6は前シーズンと同じハイメ・アルグエルスアリ(スペイン)とセバスチャン・ブエミ(スイス)の手に委ねられた。また、テクニカルプロジェクトリーダーもジョルジオ・アスカネッリ、ベン・バトラー、ニコロ・ペトルッチが引き続き担当した。

テクニカルシート

STR6はコンポジット製モノコックに2,398ccのフェラーリ製V8エンジンを搭載した。また、2011シーズンはブレーキング時に発生する運動エネルギーを回生してパワーブーストを得るKERSシステムが使用された。

Kinetic Energy Recovery System(運動エネルギー回生システム)を意味するKERSシステムはエンジンと同じくフェラーリから供給され、1周につき6.67秒間使用できる60kw(約80馬力)のパワーブーストを提供した。また、STR6にはピレリ製タイヤとブレンボ製ブレーキが装着された。

戦績

2011シーズンの戦績は前シーズンより大幅に向上し、ブエミとアルグエルスアリはシーズンを通してポイント圏内で競い続けた。STR6は全19戦中10戦でポイントを獲得し、カナダGP / ハンガリーGP / イタリアGP / 韓国GPでは2台揃ってトップ10フィニッシュを記録した。

STR6は計41ポイントを獲得し、スクーデリア・トロ・ロッソはコンストラクターズ選手権総合8位でシーズンを終えた。

続きを読む 閉じる

STR6 主要諸元

シャシー

コンポジット・モノコック

トランスミッション

7速 油圧制御

タイヤ

ピレリ

サスペンション

フロント:アッパー&ロワーカーボンウィッシュボーン/トーションバースプリング/アンチロールバー/ザックス製 ダンパー

リア:アッパー&ロワーカーボンウィッシュボーン/トーションバースプリング/アンチロールバー/ザックス製 ダンパー

ブレーキ

ブレンボ製

エンジンスペック

シリンダー数
8
排気量
2398 ㎤
最高回転数
バルブ数
32
バンク角
90°
重量
> 95 Kg