バーレーン・インターナショナル・サーキット

バーレーン・インターナショナル・サーキット

刺激的なバーレーン・インターナショナル・サーキット首都マナーマにほど近いサヒールに位置し、周囲を砂漠に囲まれている。全長5.4kmのコースは15のタフなコーナーを擁しており、開催時期の暑さも相まってシーズン屈指の厳しいレースとして知られる。

サーキットの特徴

コースの舗装は非常に粗く、コーナー出口での良好なトラクションと長いストレートに相応しいトップスピードも求められる。したがって、マシンはミディアムダウンフォースのセットアップとなるが、このサーキットで時折確認される強い突風が吹けば、コーナー進入時のブレーキングの安定性が失われてしまう。

このような特徴と暑さのため、このサーキットではマシンのあらゆるコンポーネントが酷使されており、コーナーの立ち上がりでリアタイヤ温度が130℃まで跳ね上がることもある。スクーデリア・アルファタウリのドライバー陣はフロントホイールをロックさせないことにひときわ注意する必要を理解しているが、一部のコーナーはフロントがロックしやすい。

このサーキットのエンジニア陣はブレーキシステムに注意し続けることになる。なぜなら、フロントブレーキへの負荷の大きさがF1カレンダー屈指だからだ。レースが開催されるのは気温が10℃近く下がる夕方だが、ブレーキング時に発生する熱の処理は難題になる。

完走を目指してマシンを管理する際に最も重要になるのが耐摩耗性に優れた摩擦材だ。このサーキット最大のハードブレーキングポイントはミハエル・シューマッハにちなんで名付けられたターン1で、マシンは約320km/hでここに到達し、右旋回に向けて140m以内に60km/hまで減速しなければならない。そのため、ドライバーは全力でブレーキペダルを踏みつけなければならず、最低でも119kgもの踏力が生じる。

バーレーン・インターナショナル・サーキット最多優勝回数はセバスチャン・ベッテルルイス・ハミルトンで、それぞれ通算4勝を記録している。また。コンストラクターズはフェラーリの通算6勝が最多記録となっている。

サーキットデータ
初開催2004年
周回数57周
サーキット全長5.412 km
レース距離308.238 km
ラップレコード1分31秒447 – ペドロ・デ・ラ・ロサ(2005年)