カタルーニャ・サーキット

カタルーニャ・サーキット

カタルーニャ・サーキットは素晴らしい建築物やアートの数々で世界的に知られるバルセロナ郊外に位置し、新旧カルチャーがパーフェクトな形で融合している。

カタルーニャ・サーキットは1991シーズン以来スペインGPの開催地となっているが、そのレイアウトはこれまでに数回の改修を受けている。

現在のコースレイアウトは2007シーズンから使用されており、全長4.6km・コーナー数16となっている。

サーキットの特徴

F1関係者にとってカタルーニャ・サーキットは馴染み深く、2020シーズン開幕前のプレシーズンテスト2回もここで行われた。テクニカルなコースキャラクターのため、各チームはミディアムよりも高いダウンフォースセットアップを選択している。

ダウンフォースが高めのため、長い右コーナーのターン3ではタイヤに特に大きな負荷がかかる。また、グリップの高い路面、高速コーナー、タイヤの高い磨耗率がこのレースの重要要素の一部を占めているため、レースではピットストップが複数回確認できる可能性がある。

最多優勝記録を保持しているのは通算6勝をマークしたミハエル・シューマッハで、コンストラクターズではフェラーリが通算8勝を挙げている。

サーキットデータ
初開催1991年
周回数66周
サーキット全長4.655 km
レース距離307.104 km
ラップレコード1分18秒149 – マックス・フェルスタッペン(2021年)
2021シーズン スペインGP
2021シーズン スペインGP

決勝後 ドライバーコ […]

alphatauri.com - summer 2021 JAP
2021シーズン スペインGP
2021シーズン スペインGP

決勝後 ドライバーコ […]

alphatauri.com - summer 2021 JAP