ロサイル・インターナショナル・サーキット

ロサイル・インターナショナル・サーキット

ロサイル・インターナショナル・サーキットは、2021年F1世界選手権第20戦、カタールGPの会場。たった1年で建設が完了し、2004年に公式に開設となった。首都であるドーハから近い距離にあり、近代的で、すぐさまMotoGPカレンダー内でも人気となったサーキットの1つだ。F1の開催は2021年が初となる。砂漠の砂が路面上に飛び散るのを防ぐためのデザインとして、サーキット自体は人工芝で囲まれており、ナイトタイムのレースにぴったりの煌びやかな照明が特徴的。全長は5.380km。コーナー数は合計16ヶ所で、右ターンが10ヶ所、左ターンが6ヶ所である。メインストレートは1.068kmあり、オーバーテイクするには十分な長さ。2021年11月19日から20日にかけて開催されるカタールGPで、ロサイル・インターナショナル・サーキットはF1初開催を迎えることとなる。

サーキットデータ
初開催2021
周回数
サーキット全長5,380 KM
レース距離
ラップレコード