レギュレーションが大幅に変更される2022シーズンから新時代に突入するF1では一貫性と安定性が不可欠になるが、スクーデリア・アルファタウリは、すでに良好な関係を築いている現ドライバーコンビがこれらの条件をクリアして、素晴らしい成績を残すはずだと確信している。

 

2021シーズンのピエール・ガスリーは、チームリーダーの役割を担いながら表彰台1回を含む強力なパフォーマンスを示し続けており、ドライバーズランキングトップ10圏内に位置している。一方、F1デビュー戦でポイントを獲得した初めての日本人ドライバーとなった角田裕毅は、新たな舞台で急成長を続けている。2021シーズンの全レースでポイントを獲得している唯一のチームであるスクーデリア・アルファタウリは、早い段階で2022シーズンのドライバーコンビを確定させることで後半戦に集中し、コンストラクターズ総合5位を狙っていく。

 


ピエール・ガスリー:

「スクーデリア・アルファタウリとまた新たなF1シーズンを戦えることをとても嬉しく思っている。2017シーズンからチームの成長を見守ってきたから喜びはひとしおだね。今シーズンのこれまでのパフォーマンスを踏まえると、残りのシーズン、そして来シーズンに素晴らしい結果を残せると思う。来シーズンはレギュレーションが大幅に変更されるから、その可能性は特に大きい。F1新時代に僕たちが何を達成できるのかを確認し、ベストを尽くしてチームと仕事をしてチームのポジションを高めていくことに大きな興奮を覚えている。今シーズンはここまでとても上手くいっているし、全員で良い仕事をすれば2022シーズンをさらに良いものにできると信じているよ」


角田裕毅:

「スクーデリア・アルファタウリと2シーズン目を迎えられることにとても大きな興奮を覚えています。素晴らしいチャンスですし、僕にF1での経験をさらに積むことを許してくれたチームとヘルムート・マルコ博士に感謝したいです。ピエールとの関係は良好ですし、今シーズンは彼から多くを学ぶことができています。彼の豊富な経験が自分のスキルを伸ばす助けになっていますので、彼と一緒にF1ジャーニーを続けられることを嬉しく思っています。最近ファエンツァに拠点を移したことでチームとさらに打ち解けられた感触がありますし、来シーズンが楽しみです」(原文英語)


フランツ・トスト(チームプリンシパル):

「2022シーズンも両ドライバーがスクーデリア・アルファタウリに所属することを発表できて嬉しく思う。ここ数年のピエールの成長には目を見張るものがあり、彼は私たちと一緒になってから表彰台の3段すべてを経験している。2019シーズン・ブラジルGPで2位を記録し、続く2020シーズン・イタリアGPで優勝した彼は、2021シーズン・アゼルバイジャンGPで3位を記録した。彼がさらなる結果を残してくれることに自信があるので、来シーズンも残ってもらうことに大きな興奮を覚えている。また、ピエールは自分の経験を活かしてユウキ(角田裕毅)を成長させてくれている。今シーズンの両ドライバーの関係は非常にポジティブで、サーキット内でのライバル心とサーキット外での友情がチームにとても大きな効果をもたらしている。ユウキはルーキーとしてチームに参加したが、日々成長しており、エンジニアたちからのフィードバックからは、ユウキがすべての情報を貪欲に吸収して成長していることが確認できる。ルーキードライバーのユウキのジャーニーは始まったばかりなので、私たちと一緒に始めたそのジャーニーを継続できるのは良いことだ。早い段階でドライバーラインアップを確定できたのはチームにとってとても良いことだ。これで激しい中団争いが繰り広げられている残りのシーズンに集中できる」