F1世界選手権 2006シーズン

F1世界選手権 2006シーズン

2006シーズン

チームの歴史の第一章は、ディートリッヒ・マテシッツがミナルディF1チームを買収してスクーデリア・トロ・ロッソへ改称した2005年秋から始まった。

チームの初代マシンは前シーズンを戦ったレッドブル・レーシングRB1の改良版STR1で、新レギュレーションに適合すべくモディファイが加えられた。2006シーズンのF1では新たに自然吸気2,400cc V8エンジンが導入された。

チームの買収手続きが土壇場でまとまったことを考慮し、FIAはSTR1を新レギュレーションに準じさせるためにコスワース製V10エンジンの使用を認めた。STR1のステアリングはヴィタントニオ・リウッツィとスコット・スピードに託され、サードドライバーとしてニール・ジャニが加わった。

STR1は高い競争力を示し、リウッツィとスピードがいきなり中団グループに加わると、当時は8位までだったポイント圏内を頻繁に狙った。このデビューシーズンのベストリザルトはリウッツィがアメリカGPで記録した8位で、この価値あるポイントのおかげで、スクーデリア・トロ・ロッソは2006シーズンのコンストラクターズ選手権を総合9位で終えることができた。

2006シーズン用マシンをチェック: STR1