F1世界選手権 2013シーズン

F1世界選手権 2013シーズン

2013シーズン

F1世界選手権2013シーズンに向けて、ファエンツァにファクトリーを置くスクーデリア・トロ・ロッソはフェラーリ製エンジンを搭載したSTR8を設計・製作した。このシーズンの新レギュレーションのひとつが、前シーズンに見られたノーズ部分の不格好な段差を隠すために装着されるバニティパネル(化粧板)の導入だった。また、マシンの最低重量が642kgに引き上げられた。

STR8は前シーズンに引き続きダニエル・リカルド(オーストラリア)とジャン・エリック・ベルニュ(フランス)がドライブ。2013シーズン全19戦中10戦でリカルドまたはベルニュがポイント圏内でフィニッシュした。ベルニュが8位入賞したカナダGPがこのシーズンのベストリザルトとなった。合計33ポイントを獲得したスクーデリア・トロ・ロッソは、コンストラクターズ選手権総合8位で2013シーズンを終えた。

2013シーズン用マシンをチェック: STR8