F1世界選手権 2014シーズン

F1世界選手権 2014シーズン

2014シーズン

ターボエンジンが復活してハイブリッドシステムが導入された2014シーズンのF1では過去数十年で最大のレギュレーション変更が確認できた。

新たに導入された1,600cc V6ターボエンジンは回転数の上限が15,000rpmに定められ、ハイブリッドシステムは熱エネルギー回生システム(MGU-H)と運動エネルギー回生システム(MGU-K)で構成された。また、リアブレーキを電気的に制御するブレーキ・バイ・ワイヤ・システムも導入された。

STR9はファエンツァのファクトリー内で製作され、ルノーとの新パートナーシップによって新世代パワーユニットが供給された。ドライバーは一部変更され、ジャン・エリック・ベルニュ(フランス)の僚友としてロシア出身のルーキー、ダニール・クビアトが加わった。

開幕戦オーストラリアGPはベルニュとクビアトが揃ってポイントを獲得し、幸先の良いスタートとなった。しかし、マシンの競争力は高かったものの、パワーユニットは前半に数回のトラブルに見舞われ、信頼性に不安を残した。ベルニュが6位フィニッシュを記録したシンガポールGPがベストリザルトとなった2014シーズンのスクーデリア・トロ・ロッソは合計30ポイントを獲得し、コンストラクターズ選手権総合7位でフィニッシュした。

2014シーズン用マシンをチェック: STR9

シーズン 2014 関連ニュース

Looking back | to 2014
Looking back | to 2014

With the 2 […]

Farewell | to 2014
Farewell | to 2014

Even a For […]

Wallpaper desktop
Wallpaper mobile
CARLOS IN FAENZA
CARLOS IN FAENZA

Carlos Sai […]

PRIZES AND FLIGHTS
PRIZES AND FLIGHTS

This weeke […]

ALPHATAURI FASHION

Looking back | to 2014
Looking back | to 2014

With the 2 […]

Wallpaper desktop
alphatauri.com - summer 2021 JAP
Farewell | to 2014
Farewell | to 2014

Even a For […]

ALPHATAURI FASHION

CARLOS IN FAENZA
CARLOS IN FAENZA

Carlos Sai […]

PRIZES AND FLIGHTS
PRIZES AND FLIGHTS

This weeke […]